スポーツのケガについて

スポーツ障害とは?

運動中に起こるケガは「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」に分けられます。

スポーツ外傷

スポーツ外傷

スポーツ外傷は大きな力が加わったケガで、主に転倒や接触が原因となり、骨折、脱臼、捻挫、打撲、軟部組織(肉離れや靱帯)の損傷などが挙げられます。

スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ障害は過度な運動を繰り返し行うことで起こるケガで、疲労骨折や、野球肩、オスグッドシュラッター病、ランナー膝など、様々挙げられます。

ケガをしてしまったら?

RICE

スポーツ中にケガをしてしまったら、病院や接骨院にかかるまでの間に行っていただきたいRICE(ライス)処置というものがあります。
この応急処置は損傷を最小限にするためにとても重要で、今後のケガの治りにも影響します。

患部を安静にする(Rest)、氷で冷やす(Icing)、包帯やテーピングで圧迫する(Compression)、患部を挙上する(Elevation)の4工程の頭文字をとって「RICE」です。ケガに対する応急処置の基本ですので、ぜひ実践してみてください。

当院での
スポーツ障害の治療方法

特にスポーツ選手への治療の場合、患部のみの治療ではなく運動連鎖も考えた治療「アスレティックリハビリテーション」が必要になってきます。

足関節捻挫

例えば、足関節を捻挫した患者様が「足関節の痛みはなくなりました」とおっしゃってもそれで治療終了ではありません。関節可動域、バランス能力、関連する筋肉の筋力低下などが改善されていないと完治とは言えませんし、スポーツ障害の原因は体の使い方に問題があることがほとんどなので、そこが改善されていないとケガの再発や重症化、さらには痛くなかった所も痛くなってくることも考えられます。

当院ではトレーニングスペースやプロアスリートも使用している最新機器を導入しておりますので、アスレティックリハビリテーションはお任せください。

サッカーの練習

学生スポーツ選手の場合「ケガだとレギュラーを外されてしまう」「練習に参加できないと不安」という声をよく聞きますが、痛みが出る内容の運動は避けるようにすれば練習に参加することも可能な場合が多いです。
学生スポーツ中で練習を休まずに治療も続けたいという方、そのようなお子様がいらっしゃる親御様は、ぜひお気軽にご相談にいらしてください。

ネット予約 お問い合わせ 接骨院ブログ
アサヒスポーツ

ページトップへ

 

  スマートフォン | パソコン

このウェブサイト上の文章、映像、写真などの著作物の
全部、または一部を了承なく複製、使用することを禁じます。