BLOG

ゆとりなんて全くない!小学生は『肩こり』『腰痛』に要注意!

おはようございます、院長の只野です。

夏の暑さがおさまってから新規の患者さんにご来院いただくことが多くなりました。

様々な世代の方に来院いただいていますが、当院ではスポーツや運動のケガの施術に力を入れているので学生さんの来院が多いです。今日は先日来院された女子小学生の腰痛と肩こりについてお話をしようと思います。

『小学生で肩こり腰痛?最近の子はカラダが弱いなぁ・・・』と思ったアナタ。今の小学生はゆとりなんて全くないんです!

筋肉が凝っている=痛みの原因?

この患者さんは新体操をやっていて、立った状態で手が床にペタッとつくほど柔らかいです。

柔軟性が高い

柔軟性が高い女の子

マッサージ屋の常套句『かたいですねー。筋肉こってますねー。これじゃ痛いですよー。』なんて言葉で説明ができる単純な状態ではありません。

施術前の問診で話を聞くと【ランドセルが重い】との事。どのくらいなのかちょっと持たせてもらうと・・・本当に重い!

【脱ゆとり】となり、重いランドセルが問題になっているのは知っていましたが想像以上に重かったです。体ができていない小学生が毎日背負うとなると、肩こりや腰痛になっても不思議ではないと実感しました。

背負いかたもそうですが、学校の教科書や置き勉のシステムにも変化が必要かも・・・。まぁそれはさておき次に検査をしていきます。すると・・・

【体は柔らかいが、カラダを安定させる使い方ができない】ということがわかりました。

バランスと安定

使う筋肉にチカラを入れる→そのチカラを抜く、という基本動作ができていないので、なんとなくカラダを使っているといった感じでした。

電気やマッサージだけで良くなる症状ではないと判断して、筋肉にチカラを入れる【On】力を抜く【Off】、といった感覚を覚えてもらうメニューをいくつかやってもらいました。

オンとオフ

その後、施術をして打ち解けてきたところで色々話を聞いてみると、

『スマホを使っている姿勢も悪い気がする』
『勉強中、プリントとかテキストを斜めにして文字書いてる』
『演技で踏み切る足もいつも同じ』

など、日常生活でのクセが強いことがわかり、本人もなんとなく『あ、それのせいかもって思ってた』とポロッと言っちゃいました。

なんで痛いのかが自分でも理解できたようで、『家で教えてもらった体操もやるし、姿勢にも気を付ける』と言ってくれました。

私はすべての痛みをマッサージで取り除けるゴッドハンドではありませんが、症状改善に必要な内容を見つけて、患者さんをいい方向に導いてあげられるような施術を提供しております。まずはお気軽にご相談にいらしてくださいね!

ただのサポート接骨院

 

接骨院概要
外観

〒241-0005
神奈川県横浜市旭区白根3丁目1-7

045-465-6866

受付時間
午前
9:00~12:30
午後
15:00~21:00
土曜は9:00~15:00
休診日:
日曜日
駐車場のご案内
駐車場案内

▲クリックで拡大します▲

カテゴリー
 

tel.045-465-6866

治療案内

各種保険取扱(往診可)・交通事故・労災・自費治療

対応可能な症状

骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れ、交通事故治療 スポーツでのケガ、
寝違い、むち打ち、ぎっくり腰

受付時間
  9:00~12:30
15:00~21:00

※ 土曜日は9:00~15:00まで

休診日:
日曜日
アクセス

〒241-0005 神奈川県横浜市旭区白根3丁目1-7

相鉄線鶴ヶ峰駅 徒歩6分 国道16号線 白根交差点そば
駐車場案内:詳細はこちら