BLOG

野球選手必見!野球肘の症状簡単解説

おはようございます、院長の只野です!
先日【大谷選手の靭帯損傷】についてブログを書きましたが、野球肘とは靭帯損傷だけではありません。野球以外でもテニスのフォアハンドやゴルフ、腕を使う仕事で痛めることもあります。そこの部分を掘り下げて今回はお話ししようと思います!

野球肘の多い投手

野球肘って?

野球の投球時に靭帯が引っ張られる力骨と骨が衝突する力が繰り返しおこり、肘周辺に痛みが出たり、曲げ伸ばしが窮屈になったりする状態を言います。体が成長する小学生~中学生では骨端線という、成長すると骨になる予定の部分が豊富にあり、損傷しやすい構造になっています。体が完成してくる高校生以降になると骨端線は無くなり、靭帯に負担がかかって痛みがでるタイプが多くなってきます。

野球肘の骨端線損傷の説明

野球肘が起こる原因として

・使い過ぎ
・投球フォームの問題
・体の運動連鎖の問題
・ケア不足
などがあります。

①使い過ぎ
長時間の練習、休養日が少ない、投げ込みや試合でボールを投げすぎる、などはケガの原因に繋がります。そんな中【投球数のガイドライン】というものが日本臨床スポーツ医学会から発表されていています。

”全力投球数の制限”
小学生・・・1日50球週200球以内
中学生・・・1日70球週350球以内
高校生・・・1日100球週500球以内
・1日2試合の登板は禁止するべき
・中高生は週1日以上の休養日をとること
参照:日本臨床スポーツ医学会誌

日本野球界の最重要問題点だと個人的には思います。
過酷な練習をこなして背番号1を背負ったエースが炎天下の中、力投する姿が感動を誘う甲子園。かつて高校球児だった私も、小学生の頃に甲子園で力投する松坂大輔投手を見たときは『カッコイイ!スゴイ!』と思いました。高校野球を否定するわけではありませんが、今となっては選手の体を心配する気持ちのほうが先に来てしまいます。

フォームの問題&運動連鎖の問題
肘や肩が痛いとその場所を見てしまうことが多いですが、スポーツ障害の場合は痛みのある場所と、痛みが出ている原因が同じではないことが多いです。特に野球肘の場合は肩の使い方、体幹、股関節、足関節の固さなどが関連してきますので、運動連鎖を考えてフォームを全体的に確認することが必要になります。

③ケア不足
ウォーミングアップ、クールダウン、ストレッチ、アイシングなど『痛くないし時間ないし、面倒くさいからいいか』という理由でやらないと疲労が蓄積してしまいます。痛めないために練習前後の習慣にしましょう!

野球肘の症状

野球肘には内側型、外側型、後方型と、いくつかのパターンがあります。

♦内側型♦
肘の内側が痛むパターンで、痛みが出る場所によって筋の炎症か、靭帯損傷か、骨に問題があるのかを見分けられます。
【内側上顆炎】【内側側副靭帯損傷】【裂離骨折】

野球肘の内側型

♦外側型♦
肘の外側が痛むパターンで、内側よりは頻度は少ないですが治療期間は長く重症度は高い事が多いです【離断性骨軟骨炎】。骨から剥がれた骨の欠片が関節の中に残ってふわふわと移動できる状態になっていることを【関節内遊離体=関節ねずみ】といい、痛みが移動したり曲げ伸ばしの邪魔をして痛みを生んだり、曲げ伸ばしができなくなったりする事もあります。

野球肘の外側型

♦後方型♦
肘の後ろ側が痛むパターンで、肘の骨折【肘頭疲労骨折・裂離骨折】、筋の炎症【上腕三頭筋炎】、成長線の痛み【骨端線離開】など、骨・筋・腱・靭帯など様々な場所に痛みが出ます。

野球肘の後方型

野球肘の治療・予防方法

まずは投げすぎに気を付ける事、そして体の使い方を見直す事が予防&治療の両面で大切になります。簡単にできるセルフチェックをいくつかご紹介します。

・座った状態で体の前で腕を伸ばして肘を曲げます。

・顔の前を通るように腕を倒して、元の位置に戻します。この間で痛みが出たり、左右で差があると要注意です。

野球肘の症状検査

・座った状態で耳の横を腕が通るようにバンザイしていきます。耳の後ろまで腕が上がらなかったり、左右で手の高さが違ったりしていると要注意です。

野球肘の肩甲骨の動き

野球肘の肩甲骨の動き

・腕を背中に回して左右の拳の間隔を見ます。拳の間が手のひら2つより開いていたら要注意です。
※私も学生時代に肩と肘を痛めているのでギリギリです。

野球肘の棘上筋

・仰向けに寝て肘を曲げます。写真のように肩を上下に捻り、痛みや運動制限があれば要注意です。

野球肘の上腕骨の痛み

当院では体の動きのチェックを行い悪い場所を特定していきます。肘が痛いから肘だけということはありません。肘の靭帯や筋肉に問題がある場合は、プロチームでも導入されている超音波療法ハイボルテージ療法、テーピングなどをご提案します。痛みがなかなか引かない場合はお気軽にご相談してくださいね!

 

超音波とハイボルテージ

接骨院概要
外観

〒241-0005
神奈川県横浜市旭区白根3丁目1-7

045-465-6866

受付時間
午前
9:00~12:30
午後
15:00~21:00
土曜は9:00~15:00
休診日:
日曜日
駐車場のご案内
駐車場案内

▲クリックで拡大します▲

 

tel.045-465-6866

治療案内

各種保険取扱(往診可)・交通事故・労災・自費治療

対応可能な症状

骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れ、交通事故治療 スポーツでのケガ、
寝違い、むち打ち、ぎっくり腰

受付時間
  9:00~12:30
15:00~21:00

※ 土曜日は9:00~15:00まで

休診日:
日曜日
アクセス

〒241-0005 神奈川県横浜市旭区白根3丁目1-7

相鉄線鶴ヶ峰駅 徒歩6分 国道16号線 白根交差点そば
駐車場案内:詳細はこちら