BLOG

スキー・スノーボードの季節到来!スキー場でケガをしないためのポイントとは

おはようございます。院長の只野です!

年末年始にかけて、列島を今年最大の寒波が襲うそうです。
帰省や旅行の予定がある方は、寒さ対策と交通情報をよーく確認してからお出かけしてくださいね!

スキー,スノーボード

さて、冬の旅行といえばスキー・スノーボードといったウインタースポーツを楽しむ方も多いと思います。

実はスキー場でのケガは非常に多いんです。特に初心者の方や若気の至りで無茶な滑りをしてしまう人などに多いです。中には人同士の激突なんていうのもあります。

スキー場のパトロール隊と連携してケガ人を施術する【ゲレンデ接骨院】という、全国にも数か所しかない環境で2シーズン院長をさせていただいた経験から、スキー場でケガをしないためのポイントを簡単にまとめました。ぜひご覧ください!

 

 

スノーボード,ケガ

服装に気を付けて!

 

スキーやスノーボードは結構お金がかかります。

ゲレンデに行くまでの交通費、リフト券、板やブーツがなければレンタル代もかかります。

そのせいか、帽子やヘルメット、ゴーグル、ネックウォーマー、グローブなどの小物を身に着けていない人が多いです!

これ、めちゃくちゃ危険です。

・転倒して頭を打って記憶が飛ぶ
・転倒した拍子に板が頭や顔に当たってぱっくり切れる

こんなのはよくあることで、ヘルメットや帽子があれば大きな被害は受けにくいです。

下の写真を見てください。
同じスキー場内でもコースによって標高が違い、天候もガラッと変わります。

ゲレンデで急変する天気

↑私が働いていたゲレンデの写真なのですが、朝と昼でこれだけ天気は変わります。

ゴーグルが無いと目が開けられないほどの風や雪になることもザラで、ゴーグルは常に装着していないと、いざ付けた時に曇って使えない!なんてことにもなります。

グローブも重要で、寒さ対策以外に手をアクシデントから守る役目があり、グローブなしのスノーボーダーが転んで手をつき、その上を友人の板が通過して指がぱっくり切れる、なんて事もありました。

頭、顔、手はしっかり守りましょう!

 

準備運動は超重要!

 

『板に乗って滑っているだけだからそんなにキツくないだろう』
と思う人いるかもしれませんが、そんなことありません。結構疲れます。

太ももの前後やスネ、お尻なんかは、数本滑っただけでもパンパンに張ってきます。

ここで太もものウラを伸ばすストレッチをひとつご紹介します。

伸ばしたい足を一歩前に出してつま先を上げます。

太もも,裏,ストレッチ

・お尻を後ろに突き出すようにして、腰を前に倒します。

太もも,裏,ストレッチ

これで太もものウラがピリピリ伸びている感じがあれば大丈夫です。

 

もしケガ人を見かけたり、自分がケガ人になったら・・・

 

♦まずは人を集める♦

近くの人に声をかけて気づいてもらいましょう。友人でも近くにいる人でも誰でもOKです。自分がケガの本人だと苦しいかもしれませんが、なるべく目立ってください(笑)

大きな声で目立つ

♦ゲレンデスタッフに連絡する♦

近くにパトロール隊員がいればいいですが、広いゲレンデでそんな偶然は期待できません。
リフトの乗り降り場、近くのレストラン、休憩所だったら誰かスタッフがいるはずです。そこまで全速力で滑っていって、パトロール隊を呼んでもらいましょう。

やってはダメなのが救急車を呼ぶことです。焦ってやってしまいがちですが、情報が交錯してしまって混乱の元になります。

スキー場のパトロール隊員

↑スキー場での事故、ケガはまずパトロールに連絡を。滑走技術も救助技術も超優秀です。

パトロール隊に救護室まで運んでもらった後は、医務室があればドクターに診てもらえるでしょうし、そういった設備がない場合はスキー場近くの病院に行くか、地元に帰って病院に行くかの選択になります。

『泊まりで来ているし、痛くないから病院も応急処置も大丈夫です』と言って処置を断って宿に帰り、お風呂にゆっくり浸かって、友人とお酒を飲んで、症状が悪化して夜中に救急車を呼ぶという人もいましたからね・・・。

自己判断で終わりにせず病院に行くのをオススメします。

指の脱臼

 

↑スキーのストックを持ったまま転倒して指の脱臼骨折の疑いがあった写真です

大きな転倒などの身に覚えがなくても、繰り返し転んだり手をついたりすることで首の痛み、腰痛、手首の痛みなどが遅れて出てくることもあります。

そんな時はゲレンデでのケガをたくさん治療してきた当院にぜひご相談くださいね!

 

ただのサポート接骨院

 

接骨院概要
外観

〒241-0005
神奈川県横浜市旭区白根3丁目1-7

045-465-6866

受付時間
午前
9:00~12:30
午後
15:00~21:00
土曜は9:00~15:00
休診日:
日曜日
駐車場のご案内
駐車場案内

▲クリックで拡大します▲

カテゴリー
 

tel.045-465-6866

治療案内

各種保険取扱(往診可)・交通事故・労災・自費治療

対応可能な症状

骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れ、交通事故治療 スポーツでのケガ、
寝違い、むち打ち、ぎっくり腰

受付時間
  9:00~12:30
15:00~21:00

※ 土曜日は9:00~15:00まで

休診日:
日曜日
アクセス

〒241-0005 神奈川県横浜市旭区白根3丁目1-7

相鉄線鶴ヶ峰駅 徒歩6分 国道16号線 白根交差点そば
駐車場案内:詳細はこちら